蝶の図鑑〜今日の蝶

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒオドシチョウ

<<   作成日時 : 2015/05/25 22:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

二日ほど前から庭のナラガシワの樹液を吸っているのに撮影出来なかったヒオドシチョウ。

やっと撮影出来ました。

画像



ナラガシワの幹にとまっているのに気が付かなかったのは翅の裏面が幹にそっくりだったため。

画像



翅を拡げると派手なのでよく分かるのですが.....

画像


画像



ヒオドシチョウは翅の表面と裏面が全く違います。

翅を拡げて天敵などを威嚇する役割があるようで撮影するため近寄っていくと翅をパタパタ...
翅を閉じているとどこに居るのか分からないのに拡げると逆に目立つだろ!と思うのは人間だけ?

ヒオドシチョウは徳島県南部の海岸付近では数が少なく珍しい蝶です。


コムラサキも樹液にやってきていました。

画像



サトキマダラヒカゲは、毎日のように撮影しているため慣れたのか逃げなくなりました。

近寄れるだけ近寄ってマクロで撮影。

目にまで毛が生えているのが分かります。

画像



翅の模様も地味ですが美しい〜

画像



今年樹液にやって来たのは、ヒメジャノメ・サトキマダラヒカゲ・コムラサキ・ヒオドシチョウ・キタテハです。
まだなのは、アカタテハ・スミナガシ・ゴマダラチョウ・ルリタテハ・ヒカゲチョウ(ナミヒカゲ)・クロコノマチョウ。
稀にウスイロコノマチョウ。


近所のミカンの若葉にたくさんのナガサキアゲハ2〜3齢幼虫がいました。

ナガサキアゲハの幼虫の臭角の半分が透明?今日初めて見ました。

画像


個体差かと思い他の幼虫でも確認してみましたが同じ。
3齢幼虫なんですが齢によるもの?


川沿いの散歩コースには、ヒメジョオンがたくさん咲いていてモンキチョウやモンシロチョウが蜜を求めて飛び交っていました。

黄色いモンキチョウ。

画像



白いモンキチョウ(メス)は、モンシロチョウとよく間違われます。

画像



モンシロチョウ。

画像



撮影に出掛けるより庭や近所を歩いている方がたくさん撮影出来るようです。



蝶についての詳細は、こちらをご覧ください。
「蝶の図鑑」ホームページ
http://www.j-nature.jp/butterfly/

ブログ: http://j-nature.at.webry.info/

※写真および文面は、『蝶の図鑑(http://www.j-nature.jp/ )』の著作物です。一部または、全部を転載、複写、複製、改変することを禁じます。

蝶の図鑑ホームページに掲載している写真を使用される場合は下記のアドレスを参考にしてください。
http://www.j-nature.jp/butterfly/usephoto.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文













Microsoft Store (マイクロソフトストア)

HP Directplus オンラインストア

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

東芝ダイレクト

NEC Direct(NECダイレクト)

NEC「得選街」

■パーティーに最適
手巻き寿司など■

大手デパートやスーパー、有名回転寿司でしか食べられない「丸徳水産」の商品
■夏季限定!■

徳島県産すだち使用
すだち若ぶり



全ての丸徳水産の
商品を見る

ヒオドシチョウ 蝶の図鑑〜今日の蝶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる