イチモンジチョウ

画像
お盆も終わると秋風が吹き涼しくなるのですが、四国はまだまだ夏です。
夜は、クツワムシやエンマコオロギなどの秋の虫が鳴き始めました。
里山の林道では、ツクツクホウシも鳴きはじめました。
そんな里山の山道を歩いていると、よく目にするのがこの蝶です。
日陰の地面が湿っているところで吸水しています。
近づくと、パッと飛んでは2~3m離れたところで地面に留まり吸水をはじめます。

山道では、ムラサキシジミコミスジも目にすることが出来ましたが蝶の種類は、少ないような気がします。

詳細は、「蝶の図鑑ホームページ」をご覧下さい。「蝶の図鑑 イチモンジチョウ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 里山

    Excerpt: 里山里山(さとやま)とは、集落に接した山をいう。関東地方の平地部では、クヌギやコナラ・シイといった主として落葉広葉樹林による森林が形成された丘陵、低山を指すことが多い。このような山は、薪炭の供給や落葉.. Weblog: 環境に関する用語集 racked: 2005-08-21 12:11