違和感のあるヤマトシジミ

朝からドンヨリとして今にも雨が降りそうな天気。
せっかくの休みなのに。。

そろそろ、サツマシジミの時期なので室戸岬に偵察に行きたいのですがこんな天気では遠出する気にもなれず、近所の川べりをウロウロ。 (昨年は、近所の川べりでもサツマシジミがいました。)
秋の定番、キチョウとイチモンジセセリが飛んでいました。





天気が良いともう少したくさん蝶がいるのにやはり日差しがないと気温が低く蝶も休んでいるようです。

庭でちょっと違和感のあるヤマトシジミを発見。



どこがどうなのかと問われるとどこもおかしくないがやはりいつも見ているタイプと違うように思えます。 飛んでいるときに見えた表面のブルーがヤクシマルリシジミくらい青い。
採集し、知り合いにあげました。標本になったらじっくり表面を観察します。
裏面は斑紋がわずかに大きい?

結局、夕方まで雨は降りませんでした。

しかし、今年はおかしい!
いつもセンダングサにたくさん来ているはずのウラナミシジミが全くいない。
ヤクシマルリシジミも見ていない。
なんといっても、まだ半袖Tシャツ(真夏と同じ格好)


蝶についての詳細は、こちらをご覧ください。
「蝶の図鑑」ホームページ
http://www.j-nature.jp/butterfly/

※写真および文面は、『蝶の図鑑(http://www.j-nature.jp/ )』の著作物です。一部または、全部を転載、複写、複製、改変することを禁じます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック