ウラナミシジミなど

良い天気なのですが風が冷たくて寒く感じます。

北側を垣根で覆われている田んぼの脇は暖かくまだ多くの蝶が見られます。

画像



今の時期でも状態が良いのはウラナミシジミ。

画像


画像



メスは低温期型の斑紋です。

画像


画像




ヤマトシジミも普通に見られます。

求愛中のオス。でも相手もオス。

画像



ベニシジミはボロが多い中できれいな個体も見られます。

画像



状態が良いと翅の付け根が黄緑色に輝きます。

画像




海岸へ行くとセンダングサが咲いています。

その花には、ウラナミシジミ。

画像



ヤクシマルリシジミも見ることが出来ます。

画像


画像


この時期は、幼虫も確認できます。

画像


寒いのですがエサを食べているようです。


海岸の路上では、ヒメアカタテハが日なたぼっこ。

画像


まだ暖かいので越冬していないのでしょうね。




蝶についての詳細は、こちらをご覧ください。
「蝶の図鑑」ホームページ
http://www.j-nature.jp/butterfly/

ブログ: http://j-nature.at.webry.info/

※写真および文面は、『蝶の図鑑(http://www.j-nature.jp/ )』の著作物です。一部または、全部を転載、複写、複製、改変することを禁じます。

蝶の図鑑ホームページに掲載している写真を使用される場合は下記のアドレスを参考にしてください。
http://www.j-nature.jp/butterfly/usephoto.html

この記事へのコメント