初冬の蝶たち

今日は昨日よりも暖かかったので蝶が何種類か見ることが出来ました。

ツマグロヒョウモン

DSC_7672.JPG

ツマグロヒョウモンはオスばかりでメスは見られません。


ヒメアカタテハは普通に飛んでいます。

DSC_7658.JPG


モンキチョウも冬でもよく見る蝶です

DSC_7631.JPG

モンキチョウは落ちているサザンカの花びらを吸っていました。


ウラナミシジミも真冬でも見られます。

DSC_7644.JPG

スレ・ボロ~完品まで。でもスレ・ボロがほとんどです。

日の良く当たる田んぼでは、ゲンゲの花が咲いていて春のよう。

DSC_7646.JPG

このあたりのゲンゲの花には、ウラナミシジミの卵がたくさん付いていました。


ベニシジミ。

DSC_7652.JPG

DSC_7674.JPG



低温期型のヤマトシジミ。

DSC_7642.JPG

メスはこういったタイプがほとんどです。


ヤクシマルリシジミ。今の時期、一番多い蝶かも。

DSC_7662.JPG

裏面の白い低温期型がほとんどです。

DSC_7669.JPG

DSC_7666.JPG


ノイバラでは幼虫も見られます。成虫が居るのでもちろん卵もあります。

IMG_2461.JPG



蝶についての詳細は、こちらをご覧ください。
「蝶の図鑑」ホームページ
http://www.j-nature.jp/butterfly/

ブログ: http://j-nature.at.webry.info/

※写真および文面は、『蝶の図鑑(http://www.j-nature.jp/ )』の著作物です。一部または、全部を転載、複写、複製、改変することを禁じます。

蝶の図鑑ホームページに掲載している写真を使用される場合は下記のアドレスを参考にしてください。
http://www.j-nature.jp/butterfly/usephoto.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント