晩秋の蝶たち

最高気温15度。 寒い日が続いていたので暖かく感じました。 暖かいのでチョウもたくさん見られました。 ヤクシマルリシジミはほとんどが低温期型で普通に見られます。 ウラナミシジミも状態の良い個体が多い。 この時期珍しく状態の良いベニシジミやキタテハ、ヒメアカタテハ。 ウラ…

続きを読む

チャノキの花を食べるウラナミシジミ

11月14日に近所のチャノキの花にウラナミシジミが産卵しているのを目撃。 その後どうなったのかと見てきました。 チャノキの花の萼(がく)の部分には卵がたくさん付いていて産みたての卵やへこんだ卵、穴の空いた卵等を多数確認。 誤産卵? 誤産卵は、無精卵が多いと聞いていたのですが念のためチャノキの花をチェックしてみると食痕と糞がありその花の中には3齢程の…

続きを読む

ヤクシマルリシジミ

海岸ではハマヒサカキの花が満開なのでサツマシジミを探しに行ったのですが見られず。 ヤクシマルリシジミが蜜を吸っていました。 今の時期はヤクシマルリシジミのメスがきれいです。 こちらはオス。 里山で久しぶりにサツマシジミを見ました。 もう終わりかな。12月中旬にもう1…

続きを読む

ヤクシマルリシジミ

最高気温19度。 風がないので暖かく感じます。 ヤクシマルリシジミは増えてきましたがサツマシジミは端境期なのか全く見られなくなりました。 下の花はシオギク。 求愛中のヤクシマルリシジミ。 ヤクシマルリシジミは裏面の白い低温期型っぽいのがほとんど。 シオギクの花の蜜を吸っていたイシガケチョウ…

続きを読む

低温期型のヤクシマルリシジミ

ちょうど昼の間は薄日が差して暖かかったのですがすぐに曇ってきて寒くなりました。 海岸付近で低温期型のヤクシマルリシジミを撮影。 後翅一面に水色の鱗粉が載っています。 このキクは。「シオギク」。 日本では徳島県蒲生田岬から太平洋岸に沿って高知県物部川までのみに分布する植物です。 11月も終わろうとしているのに、とても状態の良いイシガケチ…

続きを読む

サメ(蝶でなくてすみません)

いつもの海岸までウォーキング。 海岸で撮影していて見つけました。 流木?かと思ったら大きなサメ。 とても状態が良い(腐敗してない)ので台風から変わった低気圧による大波で打ち上げられて死んだか死んですぐに打ち上げられたようです。 オナガザメ科のハチワレでとても珍しいサメだと教えていただきました。 蝶のネタと言えば、相…

続きを読む

蝶の図鑑オリジナルカレンダー12月分

もう12月になりますね。今年も終わります。 クリスマスカラー統一です。 ■マリーゴールドの花の蜜を吸うツマグロヒョウモン(2018年11月17日 徳島県海部郡海陽町) ■マリーゴールドの花の蜜を吸うキタテハ(2016年10月30日 徳島県海部郡海陽町) ■ショウジョウソウの花の蜜を吸うベニシジミ(2014年9月6日 徳島県海部郡海陽町) …

続きを読む

サツマシジミ

午前中は天気が良かったので秋晴れ!って思ったら午後から雲が増えて寒くなりました。 昼前の気温が低いときにサツマシジミのポイントへ。 蝶のシーズンが終わる今の時期に見られるので今のうちにたくさん撮影します。 今日は翅をほぼ全開まで拡げてくれました。 青~水色のグラデーションが美しい蝶です。 今年は、暖かいのでツワブキの花を長く楽しめます…

続きを読む

開翅のサツマシジミ、ヤクシマルリシジミ

今朝は冷えましたが昼間は日差しがあると暖かいですね。 気温が低かったので、10時頃にツワブキポイントへ。 気温が低いとサツマシジミは開翅するのでそれが目的。 狙い通り、翅を開く個体が多かった。 こちらはヤクシマルリシジミ。 この時期、まだアゲハが飛んでいました。 ピンぼけの証拠写真です…

続きを読む

サツマシジミ

秋晴れの天気が続きます。 朝晩は寒いのですが昼間は暖かく最高気温が20℃以上あります。 午前中の気温の低い時間にツワブキのポイントでサツマシジミを撮影。 気温が低いと開翅事が多いので。 でも開翅するのはメスばかり。 たまにオスもいますが開きが足りない。 サツマシジミに求愛するヤクシマルリシジミ。 …

続きを読む

カバマダラ

今日は雨か曇りだと思っていたら朝から快晴です。 しかも暖かく最高気温は24度。 今日もカバマダラを見に行ってきました。 今日は、2頭確認。 石垣島で見られなかったのですがこんなところで見られるとは。 蝶についての詳細は、こちらをご覧ください。 「蝶の図鑑」ホームページ http://www.j-nature.jp/butterfl…

続きを読む

カバマダラ

今日も良い天気だったのですが風が冷たい。 夕方には曇ってしまいました。 隣町の某所でカバマダラの発生を知人に教えていただき撮影に行ってきました。 確認出来たのは1頭だけ。 でも、昨日は5~6頭居たそうです。 卵や羽化できなかった蛹も見つかりました。 若齢幼虫の食痕らしきものはあったのですが幼虫は見つからず。 やっぱりネタはサツマシジミ…

続きを読む

ツワブキに来ていた蝶たち

秋晴れ!! 最高気温も21度と涼しい。 撮る蝶が居ないのでその辺に居るヤクシマルリシジミとサツマシジミを撮影。 (と贅沢なことを言っていますがここでは普通種) サツマシジミ(オス)は珍しく吸蜜中の開翅。 メスはたまたまシャッターを切った瞬間に飛び立ったため全開が撮れましたがブレていました。 ヤクシマルリシジミはきれいな個体が多い。 …

続きを読む

リュウキュウムラサキ

薄曇りの天気で気温もそれほど上がらず肌寒い一日でした。 松林のツワブキの花にリュウキュウムラサキが来ていました。 ツワブキの花にはいろんな蝶が来ますがリュウキュウムラサキが来ているのは、はじめて見ました。 サツマシジミは今年は多いようです。 なかなか翅を拡げてくれないので飛んでいるところを撮影。 求愛中のサツマシジミ …

続きを読む

サツマシジミ

最高気温25度。秋晴れの天気です。 大里松原海岸の松林内は、台風19号の大波で海水が入った所だけ除草剤を撒いたように草が枯れていました。 海陽中学校前付近にあったツワブキの大群落は、砂に埋もれて全く見られません。 ツワブキの花は海岸の両端にだけ見られます。 サツマシジミは、松林のツワブキの花よりもセンダングサの花で多く見られました。 …

続きを読む

サツマシジミほか

最高気温26度。石垣島とそんなに変わりません。 海岸付近で撮影したシジミチョウ3種。 サツマシジミ ヤクシマルリシジミ ヤマトシジミ 石垣島に行く当日に蛹化し、留守のあいだに羽化したらどうしようかと思ったヒメウラナミジャノメ。 まだ蛹のままでした。 撮影用に石垣島で採集したホリイコシ…

続きを読む

石垣島6日目(最終日)

最終日です。昼前のANA便のため、どこにも行けませんがちょっとだけバンナ公園に寄りました。 オオゴマダラの幼虫の写真が少ないので撮影。 産みたての卵や孵化間近の卵はあるのに若齢幼虫だけ見つからず。 ウスコモンマダラの幼虫は、今後撮影出来ないかも分からないので撮影。 マクロ撮影はコンデジのほうが被写界深度が深いので見た…

続きを読む

石垣島5日目

10時頃まで雨だったのですがその後は曇って雨に降られず。 雨があがるまでバンナ公園の昆虫館で山田さんとお話ししていました。 山田さんからウスコモンマダラが数日前に産卵していたと教えていただき探してみました。 若齢幼虫が何頭か見つかり撮影。 幼虫写真が1種増えました。 10頭以上は居たと思うので1ヶ月後くらいにバンナ公園に行くとウスコモンマダラの成虫が…

続きを読む

石垣島4日目

曇っていて夕方には雨。 午前中はバンナ公園周辺。 次はいつ撮れるか分からないマルバネルリマダラの撮影が目的。 土着種になってしまいましたね。 クロテンシロチョウとイワサキタテハモドキ。 アオタテハモドキやタテハモドキ等の在来普通種が見られません。 蝶が少ないので飽きてきました。 バンナ公園で撮影したリュウキュウムラサキ。 …

続きを読む

石垣島3日目

3日目、今日も快晴。 今日の最高気温は30度。 もう一度、ウスアオオナガウラナミシジミの発生場所へ。 開翅写真が撮れました。 今回の目的はこの1種。マルバネルリマダラ。 バンナ公園で発生しているそうです。 ツマムラサキマダラがほとんどですが。 蝶についての詳細は、こちらをご覧ください。 「蝶の…

続きを読む