今シーズン初見?のベニシジミ

最高気温14度。 快晴ですが風が強い。 近所の田んぼでベニシジミを今シーズン初見? 単発なのか?出始めなのか? 庭にいたウラナミシジミ。 状態の良いメスです。 暖かい畑ではツクシがたくさんで出ていました。 蝶についての詳細は、こちらをご覧ください。 「蝶の図鑑」ホームページ https://www.…

続きを読む

ヤクシマルリシジミ他

最高気温22度。 今の時期、20度を超えると暑く感じます。 暖かいので冬眠中の蝶が目を覚まして飛んでいました。 黄色いシロチョウ科の蝶 キチョウ ツマグロキチョウ モンキチョウ キタテハ ムラサキシジミ 今の時期のヤクシマルリシジミのメスはとてもきれいです。 …

続きを読む

モンシロチョウ(成虫)

最高気温16度。風が吹いてない場所は暖かい。 近所の畑で状態の良いモンシロチョウ(成虫)を確認。 2月に成虫を見るのは珍しい。 今日見たのはこの1頭のみ。 昨日は、終齢幼虫を見たので今年は冬眠していない? 田んぼの畦で1本だけツクシが出ていました。 蝶についての詳細は、こちらをご覧ください。 「蝶の図鑑」ホー…

続きを読む

真冬の蝶

最高気温14度。 ここ数日暖かい日が続いていますが天気が悪い。 昼食頃に日差しがあったので海岸までウォーキング。 田んぼでとても状態の良いウラナミシジミがセンダングサの花の蜜を吸っていました。 ウラナミシジミはたくさん居るのですがほとんどがボロで、こんなに新鮮な個体は珍しい。 海岸付近では低温期型のヤクシマルリシジミ(メス)。 …

続きを読む

蝶の図鑑オリジナルカレンダー2020年2月分

この冬はとても暖かく、梅の花の開花は10日ほど早いような気がします。 カレンダーの写真のような風景は、すぐに見られるかも。 ■ゲンゲの花の蜜を吸うスジグロシロチョウ(2017年3月22日 徳島県海部郡海陽町) ■ツクシの上で日光浴をするツバメシジミ(2013年3月9日 徳島県海部郡海陽町) ■菜の花の蜜を吸うキタテハ(2017年3月7日 徳島県海部…

続きを読む

真冬でも新鮮な個体

最高気温13度。 快晴で風がなく暖かく感じました。 暖かいので蝶が見られました。 ヤクシマルリシジミの低温期型。 オスもメスも新鮮な個体。 この寒い冬でも羽化しているようです。 ウラナミシジミは、新鮮な個体が多く低温期型です。 その他の見られた蝶。 ベニシジミ、ヒメアカ…

続きを読む

ヒメウラナミジャノメ

最高気温15度。 昼過ぎまでは、快晴でしたが午後から雲が増えて寒くなりました。 暖かい昼前に我が家の庭で変な飛び方をする大きなシジミ!? 近寄ると何と!ヒメウラナミジャノメでした。 今年は、暖かいので間違って羽化した? 暖かいといっても早朝は霜が降りています。 この時期に見たのは初めて。通常は3月下旬から見られます。 蝶についての詳細は、こち…

続きを読む

ヤマトシジミ

最高気温17度。ここ数日寒かったのですが今日は暖かかった! 暖かいと蝶が飛びます。 とてもきれいなヤマトシジミ。 こんなに青が輝いていた?特に後翅! 飛んでいるときから違和感があり、もしかしたらシルビアシジミ?かと思ったのですがヤマトシジミでした。 あとはウラナミシジミ、ベニシジミ、ヤクシマルリシジミが見られました。 …

続きを読む

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。 私の年の始まりは初日の出から。 20年間元日は晴れて初日が拝めました。 今年の初日の出は、雲が無ければダルマ朝日が見られたのですが。 空気が冷たく澄み切っていて対岸の和歌山が浮島現象で見られました。 昨夜から寒いと思ったら今朝は初霜です。 初日の出の様子は動画でも撮影(Youtube…

続きを読む

撮り納めの蝶たち

最高気温18度。 暖かい大晦日になると思ったのですが暖かかったのは昼前までの話で午後から冷たい風が強く気温が下がりました。 日没頃は、気温7度。 午後の暖かい時間に海岸までウォーキング。 14時頃までは暖かかったので蝶が何種類か見られました。 ウラナミシジミは、普通に見られます。 ツマグロキチョウが冬眠から目覚めて飛んでいました。 …

続きを読む

クロマダラソテツシジミ

最高気温13度。 最低気温は5度程ですからそれほど寒くはありません。でも寒い....... 晴れて風がなければ暖かいので蝶が見られます。 ウラナミシジミは新鮮な個体が多く見られます。 その中に変なウラナミシジミ。飛んでいると白っぽく見えます。 撮影してみるとクロマダラソテツシジミ。 凄い低温期型(メス…

続きを読む

冬のシジミチョウ

最高気温15度。 いい天気でした。 風がないので暖かく蝶が見られました。 この時期のシジミチョウのメスはキレイです。 ヤクシマルリシジミ ヤマトシジミ ここからは春のような写真です。 ベニシジミ ウラナミシジミ 蝶についての詳細は、こちらをご覧ください。 …

続きを読む

蝶の図鑑オリジナルカレンダー2020年1月分

今年もあと僅か。 やり残したことはたくさんありますから来年へ持ち越し。 ■ウメの花の蜜を吸うイシガケチョウ((2016年2月14日 徳島県海部郡海陽町神野)) ■ウメの花の蜜を吸うアカタテハ(2015年3月4日 徳島県海部郡海陽町笹草) ■ウメの花花の蜜を吸うキチョウ(2016年2月14日 徳島県海部郡海陽町神野) ■スイセンの花で日…

続きを読む

初冬の蝶たち

今日は昨日よりも暖かかったので蝶が何種類か見ることが出来ました。 ツマグロヒョウモン ツマグロヒョウモンはオスばかりでメスは見られません。 ヒメアカタテハは普通に飛んでいます。 モンキチョウも冬でもよく見る蝶です モンキチョウは落ちているサザンカの花びらを吸っていました。 ウラナミシジミも真冬でも見られます。 …

続きを読む

晩秋の蝶たち

最高気温15度。 寒い日が続いていたので暖かく感じました。 暖かいのでチョウもたくさん見られました。 ヤクシマルリシジミはほとんどが低温期型で普通に見られます。 ウラナミシジミも状態の良い個体が多い。 この時期珍しく状態の良いベニシジミやキタテハ、ヒメアカタテハ。 ウラ…

続きを読む

チャノキの花を食べるウラナミシジミ

11月14日に近所のチャノキの花にウラナミシジミが産卵しているのを目撃。 その後どうなったのかと見てきました。 チャノキの花の萼(がく)の部分には卵がたくさん付いていて産みたての卵やへこんだ卵、穴の空いた卵等を多数確認。 誤産卵? 誤産卵は、無精卵が多いと聞いていたのですが念のためチャノキの花をチェックしてみると食痕と糞がありその花の中には3齢程の…

続きを読む

ヤクシマルリシジミ

海岸ではハマヒサカキの花が満開なのでサツマシジミを探しに行ったのですが見られず。 ヤクシマルリシジミが蜜を吸っていました。 今の時期はヤクシマルリシジミのメスがきれいです。 こちらはオス。 里山で久しぶりにサツマシジミを見ました。 もう終わりかな。12月中旬にもう1…

続きを読む

ヤクシマルリシジミ

最高気温19度。 風がないので暖かく感じます。 ヤクシマルリシジミは増えてきましたがサツマシジミは端境期なのか全く見られなくなりました。 下の花はシオギク。 求愛中のヤクシマルリシジミ。 ヤクシマルリシジミは裏面の白い低温期型っぽいのがほとんど。 シオギクの花の蜜を吸っていたイシガケチョウ…

続きを読む

低温期型のヤクシマルリシジミ

ちょうど昼の間は薄日が差して暖かかったのですがすぐに曇ってきて寒くなりました。 海岸付近で低温期型のヤクシマルリシジミを撮影。 後翅一面に水色の鱗粉が載っています。 このキクは。「シオギク」。 日本では徳島県蒲生田岬から太平洋岸に沿って高知県物部川までのみに分布する植物です。 11月も終わろうとしているのに、とても状態の良いイシガケチ…

続きを読む

サメ(蝶でなくてすみません)

いつもの海岸までウォーキング。 海岸で撮影していて見つけました。 流木?かと思ったら大きなサメ。 とても状態が良い(腐敗してない)ので台風から変わった低気圧による大波で打ち上げられて死んだか死んですぐに打ち上げられたようです。 オナガザメ科のハチワレでとても珍しいサメだと教えていただきました。 蝶のネタと言えば、相…

続きを読む